スポンサーリンク

意識高い系トースター BALMUDA The Toasterを買った

BALMUDA The Toasterは高級トースターの火付け役ともいえるもので、5年程度前に発売されましたが、昨年の秋ごろ新モデルが発売されました。

バルミューダ ザ・トースター スチーム ブラック BALMUDA The Toaster K05A-BK
BALMUDA The Toasterは、最高の香りと食感を実現する究極のトースター。温度制御を進化させ、上質なデザインにリニューアルしました。最初にパンの表面にさっくりとした焼けた層を作り、中の水分を閉じ込めます。次に内部をしっかり温めて、最後に焼き上げ。表面は香ばしく焼きあがっていながら中は水分をたっぷり含んだ、...

新モデルはEU市場に対応するための電源スイッチの増設、各機構の効率化が行われたマイナーチェンジモデルです。
新規性には乏しいもののずっと気になっていた製品であったため今回購入してみました。
BALMUDA The Toaster購入前はTIGERの1万円程度のモデルを使用していました。
2万円レンジの製品群から見ると、廉価機に見えるTIGERの製品ですが果たして違いは・・・

タイガー魔法瓶(TIGER) オーブントースター 断熱Wガラス トリプルヒーター 無段階温度調節 フレンチトースター マットブラック KAT-B130KM
■商品情報 サイズ:37.7×34.5×24.5㎝(幅×奥行×高さ) 庫内有効寸法:32.5×26.0×10.0(幅×奥行×高さ) 電源:AC100V 最大消費電力:1300W 保証期間:1年 付属品:シリコン加工深皿調理トレイ 本体重量(kg):4.7 ■【まほうびんメーカーならではの「クッキングトースター」 ・ガラ...
スポンサーリンク

BALMUDA The Toasterは2万5千円の価値があるのか

結果からいうと、BALMUDA The Toasterには2万5千円の価値はないように見えます。
少なくともプレーンのトースターを焼くことを目的にすると、上で挙げたTIGERの物との差はあまりないように感じました。
スーパーのプライベートブランドの最安値パン、パン屋さんの高級パン、それぞれの冷凍物でメーカーの推奨する設定でトーストを作ってみましたが、BALMUDA The ToasterとTIGERのトースターには大きな違いがないように感じました。

iPhone12Pro 標準アプリ無加工

BALMDA The Toasterはマジでトーストしか焼くことができない

また、BALMUDA The Toasterは庫内面積が狭く、22cmのピザすら焼くことができません。

筐体の体積に対して庫内は非常に狭いです、保温、保湿のために壁が厚くなっていることが原因ですが、ピザが焼けないのはちょっと・・・
ここまで筐体がでかいならいっそのこともっとでかくていいから25cm前後は欲しいところ。
この時点でこのトースターはマジでトーストしか焼けない家電に成り下がります。
よって、オーブンレンジ、もしくは2台目の大き目トースターの準備も必要になります。
また、縦方向の余力も少なく、背の高いパンを焼こうとすると焦げる場合があります。
「フランスパンモード」というモードを使うと焼き色を付けずにふんわり温める動作になるようですが、それでも焦げるもんは焦げます。

BALMUDA 公式サイトより

BALMUDA The Toasterの真価はチーズトーストにある

BALMUDA The Toasterは自信をもって値段相当の価値があるとは言いにくいものの、チーズトーストのうまさだけはマジのガチで最高。

最高

BALMUDA The Toasterで焼くチーズトーストはマジで最高。
チーズはみずみずしくもっちり、マジで最高にうまい。
俺はこのチーズトーストで2万5千円の価値を感じた。
チーズ嫌いマン視点では意識高いデザインだけの糞高ゴミトースターだけど、チートー大好きマン視点ではマジで買い。
チートー好きなら買っとけ。

バルミューダ ザ・トースター スチーム ブラック BALMUDA The Toaster K05A-BK
BALMUDA The Toasterは、最高の香りと食感を実現する究極のトースター。温度制御を進化させ、上質なデザインにリニューアルしました。最初にパンの表面にさっくりとした焼けた層を作り、中の水分を閉じ込めます。次に内部をしっかり温めて、最後に焼き上げ。表面は香ばしく焼きあがっていながら中は水分をたっぷり含んだ、...

コメント

タイトルとURLをコピーしました