www.arunyastyle.com

雰囲気で仮想通貨買って人生アーリーリタイアしたいゲームオタク。

特別な理由が無いなら今すぐ有線マウスは捨てた方が良い

昔からPCゲーム界隈では遅延や信頼性の面から無線マウスに比べ、有線マウスが有利である。という通説があり、私も有線マウスユーザであった。
しかし、最近無線製品を購入する機会があり実際に使用したところ、最近の無線製品の完成度の高さから考えを改め、無線になったので如何にイマドキの無線ゲーミングデバイスが素晴らしいかを伝えたい。

無線ゲーミングデバイスに対するゲーマーの認識

以前、LogicoolがTwiter上で以下のようなアンケートを行っていたようだ。
票数も多く、回答したからと言って金品が受け取れるわけでも無いので、信頼に値するデータだと思う。

データからはやはり未だに有線デバイスにアドバンテージを感じているユーザが多いようだ。
しかし、有線デバイスにアドバンテージがあると感じているユーザに対する追撃の質問への回答は以下のようになっている。

1問目で有線デバイス派と答えたユーザの半分強の回答数しか無い上、無線デバイスメーカーの立場上有利な回答の選択肢しか無いな~とは思うものの、ここでは「お気に入りの有線マウスがあるから」の割合に注目したい。
(このツイートへのリプライはだいたいがクソリプと重いので無線はNGという意見だった。)
「お気に入りの有線マウスがあるから」の割合は17%しか無く、殆どが漠然とした無線への不安感を表す回答だ。

ここが個人的にはとても以外だった。
私が有線マウスを好んでいた理由には、もちろん無線への漠然とした不安もあったのだが、一番の理由は「お気に入りの無線マウスがあるから」だった。
私のように、これだと選んだマウスがあり、有線を選択しているユーザが多いのであればメーカーがそのマウスを無線化するまでそのユーザは無線には触れないだろうが、「特にこだわりは無いものの、無線には漠然とした不安感があるので移行できない。」のような人がこの記事を読んでくれているなら、今から私が背中を押すので、ぜひ一度無線マウスに挑戦してみてほしい。

既に大部分が払拭された無線マウスの弱点

無線マウスには、Logicoolのアンケートにあるように、いくつかの弱点があるとされてきた。

1.遅延が大きい問題 2.マウスの無線が他の無線と干渉する問題 3.重量の問題 4.充電めんどくさい問題

これらの弱点は、現在ほぼ払拭されている。
ここでは、上記の問題に対して私が実際にSteelSeries Arctis7,Logicool G703を使用して感じたことを記載する。
ぜひ背中を押されてほしい。

遅延が大きい問題について

こんな記事を書いている時点で察しがついていると思うのだが、イマドキの無線ゲーミングデバイスに25歳おっさんの身体スペックで感じられる情報の遅延は存在しない。
FPSをやっていても自分の発砲のタイミングと銃声がずれることはないし、Osu!などの音ゲーをやっていてもリズムがずれていると感じたことは無い。
Logicoolは「有線より早いLIGHTSPEED(Logicoolの無線規格の名前)!」とか言う有線派にはにわかには信じがたいカルト的な文言が書かれており、かえって購入を踏みとどまってしまう人もいると思うのだが、この文言については信じていい。
有線より早いかどうかは知らんけど、確実に有線と同等の反応性能が出ている。
Arctis7も同様、こちらも有線と同等に遅延は感じられない。

マウスの無線が他の無線と干渉する問題

こちらは残念ながら、完全に払拭されたとは言えない。
しかし、確かに過去のマウスのように5m離れた位置で電子レンジを動かしたくらいでは干渉しない(以前使っていたMX Masterというマウスは干渉した)し、高密度な単身者用マンションでバンバン2.4ghz帯が飛んでいる状態でも問題は無い。
ただし、私の環境だとG703を使用している状態で、PS4のDualShock4を使うと稀にDualShock4側の動作が不安定になる事象が確認できている。
このように、全体的に干渉具合は良くなっているものの、特定の機器との相性などで問題が発生することがあるようだ。

ちなみに、干渉が発生する場合は以下のような手順で問題を改善、または解消できると思う。

Wifiルータの2.4Ghz帯を無効にする。

LightSpeedは2.4Ghz帯の無線帯域を使用しているため、Wifiルータで2.4Ghzを有効にしていると干渉してしまう可能性がある。
5Ghz帯のWifiもだいぶ普及が進んだため、自宅で2.4Ghzが必須でなければWifiルータ側の設定で2.4GhzのAPを止めてしまうのがいいと思う。
ちなみに、我が家でもこれを検討したが、3DSやスマートリモコンが2.4Ghz帯必須となっており、2.4Ghz帯のWifiがG703に悪影響を与えていることは確認できなかったため断念した。

レシーバーをPCから離す

LogicoolはPCの内の特定のデバイスからのノイズが自社デバイスの無線に悪影響を及ぼすことを認識していて、サポートサイトに解決方法を掲載している。 http://support.logicool.co.jp/ja_jp/article/39470

例えば、USB3.0ポートと近いポートにLogicoolデバイスを接続し、問題が発生した場合は延長ケーブルを使いレシーバーをPCのから離すことが推奨されている。
G703には、この延長ケーブル(めっちゃ長い)が付属されていて、いざ買ってみたはいいものの、この事象が発生して今日は使えない・・・というトラブルが発生しないようになっている。
Arctis7に至ってはレシーバーとケーブルが同一になっているタイプで、もともとPCとレシーバーは離して設置することが想定されている(でもリケーブルできないのでLogicool方式のほうがいいかな・・・)。

重量の問題について

リチウムイオン電池、USB充電の普及などの技術面の改善と、ゲーミング性能を重視し、持続時間を多少殺す設計にしてあることでこの問題は解決されています。

G703 Classic IntelliMouse GradiusII
重さ 109g 100g(ケーブル無) 90g(ケーブル無し)

G703は他のマウスに比べ、比較的に重量が重いように見えますが、有線マウスはここにケーブルの抵抗が発生するので、感覚的な重量は変わらないように思えます。
少なくとも、「おもすぎて論外!」な印象を持つことはないでしょう。
私は比較的マウスを浮かせることが多い人間なのですが、G703に変えたことで疲労感が増えたようなことはありません(減ったということもない)。
IE3.0や、GradiusIIからの乗り換えの方であれば、本当にケーブルが消えただけという感覚です(GradiusIIはケーブルが抜けるので抜いた状態でマウスを動かしてみるといい)。

充電めんどくさい問題

これは本当にめんどくさい、重量の問題でも触れましたが、電池持ちについては重量を軽くするために犠牲になってる感があります。
私はあまりマメなタイプの人間ではないので、充電を毎日することができません。
そのため、充電が切れそうになっていることが多々あります。
平日であれば2-3日持ちますが、休日は2日目に切れます。

こればっかりは無線である以上仕方のないことなのですが、一応Logicoolはその悩みへの回答としてPOWERPLAYという無線充電装置を販売しています。

gaming.logicool.co.jp

ただし、こちらのPOWERPLAY、サイズが30センチ強四方しかなく、大きめのマウスパッドをしようされている方は使用できません(私も大きいマウスパッドを使用しているので購入を見送っています)。

まとめ

このように無線ゲーミングマウスの弱点は多くが払拭されている。
特に、いちばん大事な遅延問題に関しては、完全に払拭されているといってもいい。
強いこだわりのない有線デバイスユーザ各位においては心配な点も多々あると思うが、ぜひ無線デバイスを買ってみてケーブルの呪縛から開放されてほしい。

追記

ちょうどこんな記事を見つけた。
マウスパッド小さい・・・・

game.watch.impress.co.jp